fc2ブログ

涼を求めて。。

お盆も過ぎ、いつまで暑さは続くのでしょうか

暑い時間、皆さんはどのようにお過ごしですか
先日、今年もまた
を求めて、美術館に行って行きました
展示品管理の為、温度が20度前後に設定されています。
長時間滞在すると、羽織る物が必要になってきます

まず訪れたのは、東京駅丸の内南口、
今話題のKITTE JPタワーを通り徒歩5分
三菱一号館美術館です。

    三菱1号1 三菱1号2 

訪問2回目の今回 浮世絵を観てきました。

川崎 砂子の里資料館長 斎藤文夫氏の膨大な浮世絵コレクション

      
 ukiyoe

第3期うつりゆく江戸から東京を鑑賞してきました。
歌川広重の名所江戸百景等昔の江戸の風景を観てきました。


そしてもう一つは BUNKAMURA ザ・ミュージアムで

レオナール・フジタ 藤田嗣治展を鑑賞してきました。 
レオナールとはレオナルド・ダ・ヴィンチのフランス語に

あやかって命名された洗礼名だそうです。


       レオナール

以前,乳白色の肌’の絵を観た時、

レオナール藤田ってどんな人物?と 思い。

今回の展覧会は興味がありました

東京藝術大学卒業後、フランスに行きますが、最初、絵が売れず

イギリスで仕立て屋で働いていたことがあったそうです。

手先が器用で洋服や帽子を自分で作っていました。

’乳白色’の絵は、下地にシッカロール=タルクを使い、

細い墨の線を面相筆で描いていたようです

レオナール藤田を今回、違った視点から観ることが

出来てますます彼の絵に興味を持ちました

今回の2つの展覧会から
自分で考え独自の手法で作品をつくる
真似ごとだけでは、通用しないと痛感しました


公式サイトはこちら:美容室ヘアーテクノ

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hairtechno.blog130.fc2.com/tb.php/136-930fb81f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ヘアーテクノ オフィシャルサイト

アーカイブ